こんな夢をみた。

    主に映画やドラマの感想をずるずると綴ってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    映画感想「ALWAYS 三丁目の夕日 '64」


    劇場にて。

    【あらすじ】
    夕日町三丁目に暮らす人々を描いた「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ3作目。昭和39年(1964年)、東京オリンピックの開催に日本中が沸き立っている。茶川とヒロミの間にはもうすぐ子どもができ、淳之介は受験を控える高校生。大事な時だが茶川は新人作家・緑沼の出現で小説の連載枠を失いそうになっている。
    近所の鈴木オートでは住み込みの六子に恋の予感が・・。

    【感想】
    映画館での鑑賞時、私の右隣の座席のご夫婦が当時のことを懐かしんでおられました。タクシーの初乗りの値段が100円とかカラーテレビとか。私は昭和っ子ではないですが見ていると懐かしいような気持ちがしてきます。

    六子ちゃんはあか抜けてすっかり都会の女の子です。一番変わったかなあと思いましたが最初はまだ面影も幼かった淳之介や鈴木オートの息子の一平の成長にもびっくりです。こんなに背が伸びて、映画の中の時間と同じに成長しているんだなぁー。

    今回は茶川の実家が出てきますが、実家は地元の名士で父は厳格。茶川は小説家になることを父に反対されて今でも父子の間にはしこりがある様子。でもヒロミにあんなふうに涙を見せられてしまっては仕方ないですね、
    気が進まないながらも父を見舞います。

    そんな茶川も淳之介には大学を出ろ、と小説書きの生き方に否定的です。のちに茶川は淳之介のためと、嫌い続けた自らの父と同じ仕打ちを淳之介にするわけですが。

    茶川が淳之介をどこかに追いやる、でも帰ってくる、と一連の流れはもはや定番ですが今回はついに淳之介は戻りませんでした。

    淳之介の方は茶川の思いをちゃんと全部分かっているのでした。この辺の感受性の違いが小説にも出ているんじゃないか・・と今ちょっと思いましたが茶川父子三代、思いが通じ合えてよかったのかなと思います。その二人の言い合いのシーンですが、淳之介が突き飛ばされていたところ棚に顔をぶつけていたんじゃないか心配になるぐらい熱のこもった演技です。

    毎度の鈴木オートの炸裂シーンは今回は3D使用で妖怪にしか見えなくなってますが、ちょっとくどいように感じました。

    どこまでも好青年な菊池に鈴木オートへの新入りのケンジと新キャラも登場していて、もしかしてまた続編なんてこともありそうです。



    【作品ノート】
    原題:ALWAYS 三丁目の夕日 '64
    2011年 日本映画
    監督・VFX:山崎貴
    原作:西岸良平「三丁目の夕日」
    脚本:古沢良太・山崎貴
    音楽:佐藤直紀
    主題歌:「グッドラック」BUMP OF CHICKEN

    出演:
    茶川竜之介(吉岡秀隆)
    茶川ヒロミ(小雪)
    古行淳之介(須賀健太)
    鈴木則文(堤真一)
    鈴木トモエ(薬師丸ひろ子)
    星野六子(堀北真希)
    鈴木一平(小清水一揮)


    ブログランキング参加中



    ALWAYS 三丁目の夕日'64 DVD通常版


    バンプ・オブ・チキングッドラック(通常盤)
    スポンサーサイト

    テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

    1. 2012/02/24(金) 18:55:41|
    2. 映画感想・邦画
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    「BLEACH」実写映画化企画が進行している・・・だと・・

    聞き捨てならない話題がありました。
    前にあった「BLEACH」がハリウッドで実写映画化するかもしれないという話に続報が来てしまいました。
    ワーナーブラザーズが映画化権を獲得したという。

    進展しちゃったよ・・!

    [ニュースから引用]
    またマイケル・ユーイング、「BLEACH」の米国版を出版するビズメディア(Viz Media)、
    米TVシリーズ「HEROES/ヒーローズ」のマシ・オカもプロデュースを務める。
    実は、もともと「BLEACH」映画化の話を持ちかけたのはオカだった。
    「ゲット・スマート」にも出演しているオカは、直接シーガル監督の製作会社Callahan Filmworksに企画を持ち込んだという。



    そもそもこの実写化の話を持ち出したのは
    あの『YATTAHHHH!!!』のマシ・オカさんだと言う。


    独断と偏見に満ちてはいますが、わたしにはこの企画あんまり上手く行きそうに思えません。
    この監督候補のピーター・シーガルさん
    作風はコメディ、ラブコメ路線で今までSFとか本格アクションとか撮ってきてません。
    オカさんのプロデュース力にしても端からこの監督を指名してるあたりあまり期待できないような・・
    このまま進めても原作のファンからするとあまり見たいものが見れる気はしないんですが、どうなることか・・

    「BLEACH」ハリウッド実写映画化!「ヒーローズ」マシ・オカがプロデュース | ニコニコニュース
    ヴァラエティの元記事(英語サイト)

    ホロウ退治だけでまとめるならまだできるかもしれないけども、
    ルキアを救助しにソウルソサエティに乗り込むところ面白いじゃないですか。
    そしたらばこの市丸と日番谷の緊迫した場面とか


    あの雰囲気でできるのかな・・想像つきません


    テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

    1. 2012/02/24(金) 02:38:59|
    2. 予告編
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    映画感想「ゾンビーノ」



    【あらすじ】
    宇宙からの放射線の影響で、死体がゾンビとなって人を襲うようになってしまった。人間VSゾンビの『ゾンビ戦争』はゾムコン社がゾンビの凶暴性を抑える首輪を開発したことで終結したのだった。そんな事があって世間ではゾンビを飼うのが一般的になっている。郊外の町ウィラードに住む友達の少ない少年ティミー(クサン・レイ)。母が贈ってくれたゾンビと仲良くなり「ファイド」と名付けたが、ファイド(ビリー・コノリー)が隣人のお婆さんを襲ってしまい・・

    【感想】
    1950年代ぐらいのおそらくカナダあたりを舞台に
    ゾンビがペットや召使として人間と共存してるという奇抜な設定のブラックコメディ。

    なんかこの作中の「ゾムコン」という会社なんだけど、この映画の版権表示には”ZOMCON MOTION PICTURE DIVISION INC.”(株式会社ゾムコン)と出てくるんで遊び心を感じます。
    社名が先だったのか脚本が先だったのか。

    ゾンビたちはあんまり話せないので、「ウウー」とか「オォ・・」と唸る。
    ゾンビメイクは濃いお化粧って風で怖くありません。
    腕がポロッともげる、ようなB級的な仕上がりにあえてしてあるという感じで、
    でもやっぱりゾンビが家族に混じってる光景は笑えます。

    ティミーのお母さんを「マトリックス」のキャリー=アン・モスが演じていますが
    原色のワンピースに、ポニーテール、サングラス、というきゃぴきゃぴの50年代ファッション。


    ゾンビ恐怖症で、死んだら蘇らないように処置して葬ってくれと
    いつでも死後の心配ばかりして家族を気にかけない夫。
    そんな夫に愛想を尽かしてなぜかゾンビのファイドといい雰囲気になる妻。
    息子はマイペース。

    元々機能のわりに首輪の作りが粗雑なので、アクシデントでファイドの首輪が機能しなくなり
    お婆さんを襲ってしまうんだけど、事態に気付いたティミーは死んでしまったお婆さんの身体をさっさと花壇に埋めてしまう。

    ファイドの仕業なのを隠すためなのか、飼い主の自分が責められることを恐れてなのか
    冷静に隠蔽するティミー。

    お婆さんは後にゾンビになってしまい花壇から復活。
    お婆さんを感染源として町はゾンビだらけになって被害が拡大。

    自業自得とはいえ、いじめっ子兄弟がまたしてもファイドが原因で
    ゾンビになってしまった時は、母がかけつけてゾンビ兄弟を一掃。
    火をつけて全部燃やしてしまう母。さも冷静になんということを。
    この親あってのあの子です。

    クライマックス、ゾムコンに連行されてしまったファイドを奪還するために
    一人ゾムコンに乗り込むティミー。
    一人で敵に立ち向かう息子の姿にばらばらだった家族の心は一つに団結・・!!
    父は息子を身を挺して守り、英雄的な最期を迎えたのであった・・・。

    で、どうもこのウィラードの町は巨大な柵で囲まれた隔離地帯のようで(たぶん)
    ゾムコン社の敷地の裏手側はフェンスに面しています。
    ファイドのためににロビンソン一家が起こした騒動のせいで
    柵の向こうのワイルドゾンビ達が流入して社員やらその場に来ていた無関係そうな人からも犠牲者が出てたり
    つくづくはた迷惑な一家です。

    ご近所に元ゾムコン社職員のシアポリスさんという人がいるんですが、
    タミーちゃんという美人ゾンビを愛でていて
    カチカチ歯を鳴らしながらも素直に言うことを聞くタミーちゃんが可愛いです。


    ブラックな笑いなのでほんとのお子さんとは一緒に観るべきじゃないと思いますが、
    ロビンソン家の人々の過激な行動に突っ込みを入れつつ笑えます。


    ゾンビなのに不思議な魅力をかもし出しているビリー・コノリー演じるファイドですが、
    解説によると当初はピーター・ストーメアが演じる予定だったのを
    「プリズン・ブレイク」のアブルッチ役の出演ために断った、という経緯があるそうです。

    日本語吹き替え版だったのですが
    言い回しがいちいち面白いので余計に笑えたのかもしれません。
    吹き替え声優さんたちがやたら豪華な感じがします。




    【作品ノート】
    「ゾンビーノ」
    原題:FIDO
    2006年 カナダ映画
    監督・脚本:アンドリュー・カリー
    脚本:ロバート・チョミアック
    原案・脚本:デニス・ヒートン
    制作:ブレイク・コルベット、メアリー・アン・ウォーターハウス
    共同制作:トレント・カールソン、ケビン・イーストウッド
    特殊メイク:トッド・マスターズ
    音楽:ドン・マクドナルド


    出演[日本語吹き替え]:
    ヘレン・ロビンソン(キャリー=アン・モス)[塩田朋子]
    ビル・ロビンソン(ディラン・ベイカー)[堀内賢雄]
    ティミー・ロビンソン(クサン・レイ)[矢島晶子]
    ファイド(ビリー・コノリー)
    ジョン・ボトムス(ヘンリー・ツェーニー)[菅生隆之]
    シアポリス(ティム・ブレイク・ネルソン)[安原義人]
    ロイ・フレイザー(アーロン・ブラウン)[朴ろ美]
    スタン・フレイザー(ブランドン・オールズ)[神代知衣]


    ブログランキング参加中



    ソフト
    ゾンビーノ デラックス版 [DVD]

    テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

    1. 2012/02/17(金) 18:18:33|
    2. 映画感想・海外
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    予告編 ラブ&ドラッグ

    「ミッション:8ミニッツ」を結局劇場に観に行けなかったのが悔しい。
    ジェイク・ギレンホール、好きな俳優さんの一人なんですが

    で来月出るもの。
    目がきゅるんきゅるんの主演二人です。
    FOXの公式ページによると吹き替えが[浪川大輔]となってます。
    ウルフー!(もちろん役者が違うんだけど、マイアミの方で似ていると話題が出たことがある)
    と喜びつつ
    なんとなく気になったんですけど
    この人の吹きかえって固定の人いたかなー、と。
    ちょっと検索かけたら
    「プリンス・オブ・ペルシャ」の時は[高橋広樹]さんでした。
    あれは爽やかだった。
    「デイ・アフター・トゥモロー」は誰だっただろう・・
    原語も吹き替え版も好きです。


    ぽんよよ~ん

    参加中

    テーマ:★予告編★ - ジャンル:映画

    1. 2012/02/17(金) 02:16:36|
    2. 予告編
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。