こんな夢をみた。

    主に映画やドラマの感想をずるずると綴ってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    映画感想「ラブ&ドラッグ」



    【紹介とあらすじ】
    90年代の医薬品業界の実態を赤裸々に綴りベストセラーとなった若手営業マンの手記『涙と笑いの奮闘記 全米セールスNo.1に輝いた“バイアグラ”セールスマン』を基にした映画。
    ジェイミー(ジェイク・ギレンホール)は女好きがあだとなって家電販売の仕事をクビになるが、これまた自慢の話術で知り合いの女性に紹介を受け製薬会社のセールスマンに転職する。医学部を中退したことを密かにコンプレックスに感じてもいたのだった。大病院にセールスに行くうち、パーキンソン病で受診していたマギー(アン・ハサウェイ)と出会い、たちまち惹かれてしまう。割り切った関係と決めていた二人だったがジェイミーは次第にこれまでのどんな相手とも違う気持ちを抱くようになる。

    【感想】
    ありがちな手だと思いつつジェイミーの誘いに乗ってきた数多の女性。マギーもこれまでの女性たちと同じように誘いに乗ったんだけど、最初のジェイミーの誘いに対して「あなたがセックスするのは自分で居ることの苦しさから1、2時間逃れたいから」と言う。気付かぬうちにジェイミーの心にグサァーーッと刺さったこの言葉、マギーの方こそが自身に対して抱いていた思いでもあったんでしょう。


    ジェイミーがマギーを愛していると思うようになった時、同じ病の妻を持つ男性から病気への認識の甘さを忠告される。パーキンソン病の明確な治療法はいまだない。別れの危機を経て本当に自分は彼女を愛せるのか自身に問い直し、ジェイミーは彼女に自らの思いを告げる―。マギーの方は自身の病気が進行していくことを思うと肉体関係にはなっても誰も本気で愛さないと決めていたのでした。でもこんなに自分のこと思ってくれる人が現れたら、固い決意も揺らぎますね~。ジェイミーは昇進を蹴って彼女との生活を選び、医学部に再チャレンジするという。


    全編通してベッドシーンがあります。わりと描写が生々しいシーンが多いです。
    あと問題なのは胸毛とかですか。(笑)バイアグラが発売されて日本でも話題になった当時のことをかすかに思い出しますが、ファイザー製薬はバイアグラで有名になったと思って良いんでしょうか。ジェイミーが病院脇のダンプスター(=でかいゴミ箱)にライバル社の薬品を箱ごとドッサドサ捨ててるのも結構問題だと思うんだけどどうなんでしょう?一人のホームレス男性を就職に向かわせる助けにはなったけども。それとアン・ハサウェイの胸は劇中の台詞で指摘されているように凄く大きいという程ではないぞ・・・!

    こう性的な描写の多い作品だと俳優の仕事って声優も含めて凄く大変だよなと思わずに居られないです。
    えろいい話でした。



    【作品ノート】
    「ラブ&ドラッグ」
    原題:LOVE AND OTHER DRUGS
    2010年 アメリカ映画
    監督:エドワード・ズウィック
    原作:ジェイミー・レイディ
    脚本:チャールズ・ランドルフ、エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコヴィッツ
    音楽: ジェームズ・ニュートン・ハワード

    出演[日本語吹き替え]:
    ジェイミー・ランドール(ジェイク・ギレンホール)[浪川大輔]
    マギー・マードック(アン・ハサウェイ)[小松由佳]
    ブルース(オリバー・プラット)・・・ジェイミーの上司[後藤哲夫]
    スタン・ナイト(ハンク・アザリア)・・・セールス相手のドクター[谷口節]
    ジョッシュ・ランドール(ジョシュ・ギャッド)・・・居候の弟
    トレイ・ハニガン(ガブリエル・マクト) ・・・ライバル社のセールスマン


    ブログランキング参加中



    ラブ&ドラッグ [DVD]_amazon.co.jp
    スポンサーサイト

    テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

    1. 2012/03/23(金) 21:10:20|
    2. 映画感想・海外
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    本感想「CSI:マイアミ カルトの狂気」ドン・コルテス

    「CSI:マイアミ カルトの狂気」
    ドン・コルテス著 鎌田三平訳
    角川文庫刊
    2008年1月初版


    【紹介・あらすじ】
    内容から本国の米国ではシーズン3の放送に合わせて出版されたノベライズ作品。登場人物の設定も当時の物に準拠しているのでスピードルやナタリアは登場しません。登場人物の口調は、ほぼテレビドラマの日本語吹き替え版に合わせてあるので違和感無く読めます。訳は分かりやすくて読みやすい。訳者さんはいい仕事をしました。

    ベジタリアン・レストランで従業員の男が変死する。ステンレスの便座に屈み込み、衣服はずたずたに裂け、火傷を負い、携帯電話の破片が散らばっていた。屋内に居ながら落雷を受けたような姿。彼は何故、どうやって殺されたのか・・?ホレイショたちはレストランを運営している食餌療法クリニックに捜査の目を向ける。科学捜査でカルトの指導者シンハルマを追い詰めていくホレイショとCSIチーム。薬物で信者を操るカルト教団指導者と対決する。

    【感想】
    話の比重はカルトの恐ろしさにはないです。事件の犯人・謎を解明するCSI:の面白さが小説になったと言えるもので、ドラマのキャラクターの設定を踏まえて書かれていて、カリーと麻薬密売組織の男との銃撃戦、デルコとウルフの間のぎくしゃくしたやりとりなど、おなじみの場面が盛り込まれています。人物の心情の描写はドラマに沿いながらもより深く掘り下げられていて、ドラマを観ていてなんだかもやもやしていた人物への心象が晴れた感じがします。特にデルコ。痒いところに手が届いた感じ。


    著者の日本知識がちらほら垣間見えるところがあり、デルコは日本人の女子と付き合っていたことがあることになっている。ウルフはギーク(オタク)でSFに詳しくて同じようなオタ友がいる、という設定はこの小説独自の物なのか、初期段階で無くなった設定なのかドラマではっきり描かれたことのない部分。


    P.333四行目からのホレイショの台詞の最後は括弧閉じ忘れ?

    著者のドン・コルテスは本名のドン・デブラント名義でもオリジナルのSF小説を出しているそう。

    テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

    1. 2012/03/18(日) 08:00:00|
    2. 本・マンガ感想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    CSI:マイアミ シーズン9 DVDボックスの商品説明が過激だった件

    Yeaaaahhhhhhhh!!
    これでまた新シーズンが見られるぜーいい!

    ところでamazonの紹介文から・・、

    「◆今シーズンは今までになく捜査のやり方が過激に!
    ホレイショたちの、暴力的で容赦ない尋問や銃撃が見所!!」



    おい、みどころ・・・。まあその通りだから仕方ないのは分かっているんだけども。
    そしてこのブログはウルフ推しです。今期もウルフの生意気不憫っぷりに期待。

    CSI:マイアミ シーズン9 コンプリートDVD BOX-1

    テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

    1. 2012/03/13(火) 23:07:11|
    2. 海外ドラマ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    映画予告「裏切りのサーカス」

    TINKER,TAILOR,SOLDIER,SPYの日本版公式サイトができていました。
    日本での配給はギャガさん。邦題は「裏切りのサーカス」。

    受賞は逃しましたが、ゲイリー・オールドマンはアカデミー賞主演男優賞にノミネートされていましたね。
    英国アカデミー賞では作品賞、脚色賞を受賞しました。
    映画「裏切りのサーカス」公式サイト

    他に「英国王のスピーチ」でアカデミー賞主演男優賞を受賞したコリン・ファース、
    「ダークナイト・ライジング」で悪役ベインを演じるトム・ハーディ、名優ジョン・ハート、トビー・ジョーンズ、マーク・ストロング、ベネディクト・カンバーバッチら出演陣はそうそうたる顔ぶれ。

    派手なアクションや大爆発のない孤独なスパイの活躍を描いた映画となっているようです。アクションも爆発もやっぱりわくわくしてしまいますけど、役者さんたちの演技対決でドキドキさせてくれるような映画も見たい。期待しております。

    こないだ某古本屋にてハヤカワ文庫刊の原作本をゲットできたので、ちょこちょこと読んで公開に間に合えばいいなーと思ってます。ちょっとこの訳に慣れるの時間かかりそうだけど。



    冷戦時下の英国諜報部「サーカス」。引退した元スパイのジョージ・スマイリーは特別な指令を受ける。かつて自分が引退する原因ともなり、「サーカス」に今も潜んでいるというソ連の二重スパイ”もぐら”の正体をつきとめろ、というものだ。”もぐら”はスマイリーのかつての宿敵、ソ連の大物カーラに操られているという。

    テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

    1. 2012/03/08(木) 16:57:46|
    2. 予告編
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。