こんな夢をみた。

    主に映画やドラマの感想をずるずると綴ってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    映画感想「BLACK&WHITE/ブラック&ホワイト」


    【あらすじ】
    「チャーリーズ・エンジェル」のマックG監督によるラブコメ×アクション。
    FDR(クリス・パイン)とタック(トム・ハーディ)はCIAの名コンビ。二人で犯罪組織のカール・ハインリッヒを追い詰めたが、寸での所で逃げられてしまう。責任を取らされて二人は謹慎処分に。一方、分かれた元彼とバッタリ会ってしまったごく普通の女性ローレン(リース・ウィザースプーン)。彼に新しい彼女を紹介されて、自分も相手を見つけようと躍起になる。そんな時恋人紹介サイトで知り合ったのが英国出身でバツイチのタック。入れ違いにCDショップで声をかけて来たFDRとも付き合うことに。二人に事実を打ち明けられずに悩むローレンをよそに、FDRとタックはお互いの相手が同一人物だということに気付いてしまう。CIAの技術を駆使して得た情報を元にそれぞれローレンへ猛アプローチを仕掛けて張り合うが、ある事をきっかけに二人の仲は更に険悪に。絶交宣言した二人だったが、FDRはハインリッヒがタックの命を狙っていた事に気付く。

    【感想】
    粗筋だけ読むと嫌な女っぽい感じがしてもおかしくないローレンは、
    実際見てみるとリース・ウィザースプーンの雰囲気のためというか印象の薄さのためというか、
    嫌な感じはしません。
    悪い人じゃなさそうだとは思います。

    ローレンに変なアドバイスを吹き込むトリッシュは強烈キャラ。
    こうしてステレオタイプ化されるくらいだから、アメリカじゃあこういう感じの女性をわりとよく見かける・・?(笑)
    ハリウッド物のコメディでよく見かける「肉食系おばさんキャラ」って、
    日本で言ったら2時間サスペンスドラマの「人の良いお節介なおばちゃんキャラ」枠に相当しそう。


    アクションシーンはラブコメ成分と半々くらいに盛り沢山。

    冒頭からFDRとタックの活躍。
    クラブに潜入した時の二人の話し方が可笑しい。

    過去に演じた役柄を指した台詞が小ネタとして入ってます。
    クリス・パインが船長でトム・ハーディが旅行業者って・・あれとあれじゃないですかー。

    後半のカーアクションはスタント使わずに本人達が演じている部分が目立ちます。
    車のドアを全開にして銃を撃ちながら仰け反り気味になるところ。
    頑張ってるけど、ちょっと他のシーンと調和が取れてないかも。

    絶縁の危機を乗り越えたタックとFDRの愛の再確認(?)のやり取りが大袈裟で笑えます。

    「愛してるぜ!」
    「俺も愛してるぜ!!」
    「愛してる!」
    (がしっと熱いハグ)


    監督狙ってますな!?

    二人の仲も男女の仲も上手いこと丸く収まりました。

    この二人はそれぞれの演じる役が逆でもできそう。
    どっちにしても英国人のCIA諜報員という部分は変えられないけど。
    なんだか刺青ががっつり入ったミステリアス&マッチョマンなイメージの
    トム・ハーディが知的な常識人という設定にそこはかとない違和感。(笑)

    インセプションの時は気付かなかったけど、あんまり背のおっきい人じゃないですね。

    余談ですが、タック役は元々「タイタンの闘い」のサム・ワーシントンが予定されてたそうで、
    確かに彼なら同じマッチョでもぼくとつとした紳士って感じかも。




    【作品ノート】
    「BLACK & WHITE/ブラック & ホワイト」
    原題:THIS MEANS WAR
    2012年 アメリカ

    配給:20世紀フォックス
    監督:マックG
    脚本:ティモシー・ダウリング、サイモン・キンバーグ
    製作総指揮:ジェフリー・エヴァン・クワティネッツ、ブレント・オコナー
    制作:マイケル・グリーン
    音楽:クリストフ・ベック


    出演[日本語吹き替え]:
    ローレンス・スコット(リース・ウィザースプーン)[松本梨香]
    フランクリン・デラノ・ルーズベルト・"FDR"・フォスター(クリス・パイン)[神奈延年]
    タック(トム・ハーディ)[鶴岡聡]
    カール・ハインリッヒ(ティル・シュヴァイガー)[てらそままさき]
    トリッシュ(チェルシー・ハンドラー)[深見梨加]
    上司のコリンズ(アンジェラ・バセット)[斉藤貴美子]
    ジョー・ヘンソン(ジョン・ポール・ルタン)[牛田裕子]
    ケイティ(アビゲイル・スペンサー)
    ナナ・フォスター(ローズマリー・ハリス)[久保田民絵]


    ブログランキング参加中



    Black&White/ブラック&ホワイト エクステンデッド・エディション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定 [Blu-ray]
    スポンサーサイト

    テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

    1. 2012/10/30(火) 23:59:09|
    2. 映画感想・海外
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    エクスペンダブルズ2のテリー・クルーズってあの人だった

    このCMの人だった。

    オールド・スパイスのコマーシャル


    木曜洋画劇場アクション好きとしてはいてもたってもいられないこの映画。
    前作に続いて今作も映画館に見に行けるだろうか。

    エクスペンダブルズ2 予告編

    あとはジャッキーとセガールだな・・・

    ブログランキング参加中

    テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

    1. 2012/10/19(金) 21:04:59|
    2. 海外俳優
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    映画感想「ミッション:8ミニッツ」


    【あらすじ】
    スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)はふと気付くと見知らぬ女性クリスティーナ(ミシェル・モナハン)と共に列車に乗っていた。自分はアメリカ軍の大尉としてイラクで戦闘の真只中にいたはずだが・・。鏡に映る自らの姿は見ず知らずの別人で、クリスティーナにはスティーヴンスが自分の夫に見えているらしい。状況が分からず混乱していると、列車が突然爆風に飲み込まれてしまう。目を覚ました彼は軍用の防護服を身に着けたまま狭いポッドのような物の中で座席に縮こまり、眼前の不鮮明な液晶パネルと対面していた。画面の向こうの女性大尉グッドウィン(ヴェラ・ファーミガ)の説明によれば、彼は今任務遂行中なのだという。会話の終わらぬ間に意識は列車の中に引き戻され、再び爆風に巻き込まれて目を覚ます。何かの故障でもあるのか、ポッドの内部は荒れており自分の身体は強張って自由が利かない。女性隊員を問い詰めると、自分が今まで見ていたものは、今朝爆発によって吹き飛んだ列車に乗っていた乗客の記憶であるというのだ。彼に課せられた任務とは、ラトリッジ博士が開発した「死んだ人間の脳から生前の記憶を再生するシステム」により死んだ乗客の最期の8分間の記憶の中に入り込み、列車に仕掛けられていた爆発物の位置をつきとめて、同一犯による第2第3の爆破を阻止するというものだった。

    なんとなく配給会社のイメージからして冒険やファンタジーというのがありますが、
    何度も何度も何度も何度も何度も・・
    繰り返されるハラハラ列車探索から爆発死亡の一連の流れに
    しつこいとかくどいとか通り越して
    私の脳裏をよぎるどうあがいても絶望の文字。
    劇中のとある映像のグロテスクさ加減が結構きつく、この流れの中で見ると気持ちが沈みます。
    (むにゃむにゃするのはやめろ・・!)

    主人公が現実において置かれている状況は、
    映画をある程度本数見てると途中からだいたい分かると思います。
    従軍していたという台詞やポッド内部の不穏な様子からして・・嫌な予感が。

    「警告:このラスト、映画通ほどダマされる。」との宣伝文句ですが、
    あのラストの描写については騙される騙されないとかじゃなくて
    意味がよく分からないと感じる人の方が多いんじゃないでしょうか。
    映画を見るにあたって騙されるというのは良い意味でも悪い意味でも
    予想を裏切られるという事であってこの場合は不適切だと思いますよと、文句を言いたい。



    問題のラストの描写。
    スティーヴンスの願いを聞きいれて女性隊員が装置の動作を切る。
    何故かその後の場面で口をもごもごやっている。
    町を歩いているスティーヴンス。



    なんだかよく分かりません。

    流石にちょっと説明不足じゃないでしょうか。
    唐突だしぼかされ過ぎててモヤモヤします。

    このラストどう解釈すべきか。
    偶然なんですが、これを見た後日、
    萩尾望都の「バルバラ異界」を読んだところかなり近い状況が出てきて、
    それを上手に説明されていたのですっきりできました。

    「ファイナルファンタジーⅩ」をクリアした経験があれば
    ザナルカンドや祈り子の夢みたいなものを思い出してみてください。

    おそらくこの映画の監督が描きたかったのも同じものだと思います。

    もしかしたらこれらの作品から影響を受けていたりして・・?


    思うに、このラストは「スティーヴンスの見る夢が実体のある平行世界に影響を及ぼしている」
    って事なんじゃないかなと。
    あるいは「仮想世界」か、もしくは「未来世界」かもしれませんが。

    それによって、彼の意思はどこかに存在している。
    作り手の思いとしては希望のあるラストとして描いているのだろうと思われます。
    おそらく。

    ジェイク・ギレンホールの演技はいつもながら上手いです。
    だから感情移入して憂鬱になるので・・。
    彼の初主演した映画で「ドニー・ダーコ」がありますが、
    そういえばあれもこの話に近いです。
    やっぱり憂鬱な映画ですが、私はあちらの方が好きです。

    ラスト手前の乗客達の最期の楽しい一時の場面で素直に終わってくれて良かったのに。
    うーん、全体的に雰囲気が好きになれません。



    【作品ノート】
    「ミッション:8ミニッツ」
    原題:SOURCE CODE
    2011年 アメリカ
    配給:ディズニー

    監督:ダンカン・ジョーンズ
    脚本:ベン・リプリー
    制作:フィリップ・ルースロ、ジョーダン・ウィン
    制作総指揮:ホーク・コッチ、ジェフ・ブロディ、ファブリス・ジャンフェルミ
    音楽:クリス・ベーコン

    出演[日本語吹き替え]:
    コルター・スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)[高橋広樹]
    クリスティーナ・ウォーレン(ミシェル・モナハン)[宮島依里]
    コリーン・グッドウィン(ヴェラ・ファーミガ)[藤本喜久子]
    ラトリッジ博士(ジェフリー・ライト)[中村秀利]
    デレク・フロスト(マイケル・アーデン)[土田大]
    ハズミ(キャス・アンヴァー)
    マックス・デノフ(ラッセル・ピーターズ)[青山穣]


    ブログランキング参加中

    ↑よろしければポチッと


    ミッション:8ミニッツ ブルーレイ+DVDセット

    萩尾望都
    バルバラ異界 1 (小学館文庫)

    テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

    1. 2012/10/18(木) 20:23:58|
    2. 映画感想・海外
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    本「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」を読んだ

    もうすぐソフトが発売する
    映画「裏切りのサーカス」の原作本。
    映画の公開時に新版が出ていますが旧訳版を読みました。
    何故ならば、新訳版が出ていることを知ったのが古書店でこの旧版を見つけて読み出した後だったから!




    読み始めたのは今年の前半だった気がしますが、
    中断してから間が開いてしまい
    やっと残りを読みました。
    でも、これで映画見る前の予習には間に合いました。

    二重スパイとして英国諜報部に潜り込んでいる「もぐら」を探る主人公のスマイリー。
    結構分厚い本でかつ時々英語そのまんまの会話文が出てくるので
    序盤では謎そのものの輪郭がぼんやりしてよく分からないのと相まって
    あんたらまず何の話してんだ・・?って感じで
    読み進むのが大変でしたが、
    謎が明らかになってくるに連れて面白くなり
    再開してからはすいすい読めました。


    沢山の関係者に会って建て前の向こうの本心を探っていくスマイリーの抜け目ない洞察。
    登場人物が多いですが
    あの人この人、
    主人公の目を通して様々な人のそれぞれの思いが語れていきます。
    そうして見えてくる事件の真相ともぐらの正体。
    後から読み返すと序盤からヒントは出ていたりします。
    ははぁ、だからか~
    だから特別だったんだなと。

    シリーズ物と言う事なので
    続きが読みたくなりました。


    読み進めるほど哀愁漂う男前が沢山出てくる話でもあるので
    映画の配役も改めて確認しておきたい。(笑)


    「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」
    ジョン・ル・カレ著 菊池光訳
    ハヤカワ文庫 2006年5月発行



    映画
    裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]

    新訳本
    ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)


    ブログランキング参加中

    テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

    1. 2012/10/16(火) 19:04:21|
    2. 本・マンガ感想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。