こんな夢をみた。

    主に映画やドラマの感想をずるずると綴ってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    映画試写感想「ピクセル」


    試写会行ってきました。3D/日本語版で鑑賞。

    【あらすじ】
    1982年、NASAはロケットと一緒に、地球の文化情報を記録した電波を宇宙に向けて放った。その中には、その年に行われたアーケードゲームの全米チャンピオン大会の記録も入っていた。しかし現代、地球から送られた情報を自分達への宣戦布告と勘違いした宇宙人達は、82年のアケードゲームの内容そっくりに姿を変えて、地球に攻撃を仕掛けてきた。そこで召集されたのが、当時大会に出た優秀者達。今や中年となった彼ら「アーケーダーズ」は地球を救う事が出来るのか?

    ・・・・
    という訳で、試写行ってきました。
    3Dだからまたしても眼鏡オン眼鏡で。

    軽い気持ちで見られるSFコメディ映画です。お隣に座ってた中学か高校生カップルがすごい楽しそうに見ておりましたね。随所に散りばめられたアメリカンな笑い所の数々が分かれば更に面白いと思います。

    スカーレット・ヨハンソンかケイティ・ペリーかという、オジサン達が若い女性芸能人で誰が一番好きかという話をしてるのとか、命をかけたゲーム勝負に参戦する交換条件が、マーサ・スチュアート(カリスマ主婦)とセリーナ・ウィリアムズ(プロテニスプレイヤー)とのデートという、妙なチョイスの面白さとか笑えます。しかもその二人は本人のカメオ出演だし。ゲーム内のキャラクターであるリサと、電子の彼女に恋い焦がれ続けて来たいかにもギークな男ラドローが何故か出会った瞬間熱烈な恋に落ちてしまうシーンは、何でじゃとツッコミを入れずにはいられません。

    宇宙人達は勝手に勘違いして攻撃を仕掛けてきますが、ゲームのルールを律儀に守り、チートコード(※ゲームの動作異常などを利用してズルをする為のコード)を使ったメンバーがいた事に怒ります。そんなに悪い奴らじゃない気がしますね。噛まれちゃいますが(笑)ゲームと言えば日本発の物が多いので「パックマン」生みの親の岩谷教授が登場するのもニンマリです。あ・・、彼は本人じゃなく俳優のデニス・アキヤマさんです。

    メンバーの内一人が大統領になっていて、友達を軽々しくホワイトハウス内に呼び寄せちゃう所からアーケーダーズが結成される感じなので、そこもおいおい・・という笑い所なんですが、切迫感はそんなにありません。主人公とヒロインの関係性も軽ーく描かれています。演じた役がよく死ぬなんて言われてるショーン・ビーンも・・。でも、あのゲームのキャラクターたちが現実世界に飛び出してくるってだけで楽しいんですよね。Qバート家にも欲しいし。

    詳しい人ならどれがどのゲームのキャラか分かって面白いと思います。

    CGが美しく良くできていて飛び出してくる演出も面白いので、3Dでの鑑賞がおすすめです。最初のシーンとエンドロールのゲーム画面の様な感じでスタッフ紹介が出て来る演出が特にって感じですが、良くできてて、エドガー・ライト監督の「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」辺りに影響受けているのかなという感じもします。


    で、これは日本語吹き替え版だけについてって事になりますが、主人公の吹き替えを柳沢慎吾さんが担当されてます。専業声優じゃない方の吹き替えだと、違和感があることも多いですが、私は上手にされてる方だと思いました。意外に違和感なく意外に上手いじゃんという感じで、テッドの有吉さん級?神谷明さんの吹き替えも、アドリブなのかちゃんと台本にあったのか、中の人ネタで笑わせてもらいました。ほんとに良いお声なんですが、「北斗の拳」とか「シティ・ハンター」を見た事があるとニヤッとできるような聞き覚えのある台詞が盛り込まれていて、笑えます。

    日本公開日は9月12日!




    【作品ノート】
    「ピクセル」
    原題:PIXELS
    2015年 アメリカ
    配給:ソニー・ピクチャーズ

    監督:クリス・コロンバス
    脚本:ティム・ハーリヒー、ティモシー・ダウリング
    原作:パトリック・ジャン『ピクセル』
    音楽:ヘンリー・ジャックマン
    日本版主題歌:三戸なつめ『8ビットボーイ』

    出演:
    ブレナー:アダム・サンドラ―(柳沢慎吾)
    クーパー:ケヴィン・ジェームズ
    ヴァイオレット:ミシェル・モナハン(本田貴子)
    エディー:ピーター・ディンクレイジ(神谷明)
    ラドロー:ジョシュ・ガッド
    マッティー:マット・リンツ



    ブログランキング参加中
    スポンサーサイト

    テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

    1. 2015/08/30(日) 19:56:43|
    2. 映画感想・海外
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    見たものとこれから見るもの

    また久しぶりになってしまいました。ちょこちょこと見てはいるんですけどね。

    寄生獣 完結編とか、
    マッドマックス 怒りのデス・ロードとか・・、

    近々感想更新する予定・・です。
    それと、ドハマりしてしまった1月期に放送のドラマ「ウロボロス」の感想もまとめたいなぁ、と思ってます。
    あとは「ピクセル」の試写会に行ってくるのでそれはせっかくなので直ぐ上げられればと・・。
    1. 2015/08/23(日) 12:59:59|
    2. 覚え書き
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。