こんな夢をみた。

    主に映画やドラマの感想をずるずると綴ってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    本感想「アソシエイト」ジョン・グリシャム

    「アソシエイト」
    ジョン・グリシャム著


    読み終わったー!
    ので映画の予習完了。

    去年の文庫発売時で
    パラマウント配給の監督がディパーテッドの脚本家のウィリアム・モナハンで、
    シャイア・ラブーフ主演という予定だそう。


    文庫の帯にあるあらすじ紹介やなんかでは
    謎の男達に脅され有名巨大弁護士事務所に就職させられたカイルよ、
    いったいどうする!?という風に煽っているんですが

    スパイ活動を強いてきた相手を深く追及するところまで行かずに
    終わってしまうので、ちょっと物足りない。

    巨大弁護士事務所で働くとこんなに大変です、
    という日常の描写の方が面白いんですよね。


    親父の意志をしっかり受け継いで
    困ってる人のためにちっちゃい町の弁護士になりたい主人公は
    なんだかんだ根は良い奴のようなんだけど


    友人のバクスターが受けた仕打ちについてとか
    母親に対してとか、
    冷静すぎて冷淡な感じもする。
    というかカイルの心情描写があっさりしてるんです。


    その友人のバクスターについての描写が途中で入るんだけど
    自堕落生活から抜け出そうと頑張る姿が
    一生懸命なので、ますますその後が可哀想・・

    カイルの人物像は映画ではどうなるか。


    アソシエイト〈上〉 (新潮文庫)アソシエイト〈上〉 (新潮文庫)
    (2010/06/29)
    ジョン グリシャム

    商品詳細を見る


    アソシエイト〈下〉 (新潮文庫)アソシエイト〈下〉 (新潮文庫)
    (2010/06/29)
    ジョン グリシャム

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

    1. 2011/08/09(火) 00:38:26|
    2. 本・マンガ感想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<映画感想「世界侵略:ロサンゼルス決戦」試写 | ホーム | トランスフォーマー ダークサイド・ムーン>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://sabakan2umai.blog70.fc2.com/tb.php/112-a6805080
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。