こんな夢をみた。

    主に映画やドラマの感想をずるずると綴ってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    映画感想「世界侵略:ロサンゼルス決戦」試写


    試写会で鑑賞。

    【紹介】
    地球の資源を狙ってやって来た宇宙人と、侵略から地球を守ろうと、ロサンゼルスの防衛ラインで孤軍奮闘する軍人達の戦いを描いたSFアクション。

    試写会行けたので感想など。

    【感想】
    震災の影響で公開時期がTF3(『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』)のすぐ後に変更になった作品。
    同じく宇宙人侵略モノなので超大作シリーズと時期が被るのは痛かったのではないかとか邪推してしまうけど・・
    逆に「似たような映画観たい人は来てよね!」という諸刃の剣発想なのかもしれない。


    「地球の資源を求めて侵略を企む宇宙人VS地球防衛軍」っていう物語の軸の部分が似てる。
    宇宙人映画ってだいたいがこの軸にその映画特有のプラスアルファをした
    (人類の味方になる宇宙人もいるとか、グラマラス美女風とか、機械生命体とか)
    バリエーションだとは思うけど。


    話の舞台が両作品共にロサンゼルスのようなビルが建ち並ぶ大都市の町並みだから
    やっぱり比べてしまうけど、全体的な雰囲気で言うとインデペンデンス・デイが近い。
    意識してそうです。

    ロサンゼルス決戦には人類の味方になる宇宙人達は出てきません。
    宇宙人は頭から一方的に地球を征服しようと攻撃してくるし、感情もなく
    見た目はタコとアンドロイドを足して2で割った風で
    しぶとい生命力。


    いつも思うんですが、なんで宇宙人のイメージってヌルヌル系なんでしょう、
    地球外から来てるのに。
    つるつるとかつやつや系じゃなくて・・


    主人公のナンツ二曹(アーロン・エッカート)が周りの軍人よりか年上という役で
    この人そんなオジサンなんだなと思ったり。
    TF2(『トランスフォーマー/リベンジ』)で主人公サムの大学の友達の
    レオン役を演じたラモン・ロドリゲスが年下の部隊長役で、
    うってかわった生真面目な優等生。
    頼りになる女性隊員がミシェル・ロドリゲス、歌手のNE-YOも出ています。


    CGは銃撃戦の飛び交う光線とかUFOの造形が綺麗です。

    上の「タコとアンドロイドを足して2で割った風」の宇宙人は、
    ほとんど静止するシーンがないので
    台詞によると『身体と銃が融合している』 らしいのだけど、
    はっきり目で追って見えない・・。

    解剖シーンもありますが作り物作り物していて大して気持ち悪くないです。




    【作品ノート】
    「世界侵略:ロサンゼルス決戦」
    原題:BATTLE:LOS ANGELS
    2011年 アメリカ
    配給:ソニーピクチャーズ
    監督:ジョナサン・リーベスマン

    出演[日本語吹き替え]:
    マイケル・ナンツ二等軍曹(アーロン・エッカート)[木下浩之]
    エレナ・サントス技能軍曹(ミシェル・ロドリゲス)[朴璐美]
    ウィリアム・マルティネス少尉(ラモン・ロドリゲス)[志村知幸]
    ケヴィン・ハリス伍長(ニーヨ)[檀臣幸]
    ジェイソン・ロケット伍長(コリー・ハードリクト)[咲野俊介]
    ミッシェル(ブリジット・モイナハン)[山像かおり]


    ブログランキング参加中



    世界侵略:ロサンゼルス決戦(Blu-ray Disc)

    インデペンデンス・デイ
    スポンサーサイト

    テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

    1. 2011/08/28(日) 00:47:07|
    2. 映画感想・海外
    3. | トラックバック:5
    4. | コメント:0
    <<うわぁ~ | ホーム | 本感想「アソシエイト」ジョン・グリシャム>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://sabakan2umai.blog70.fc2.com/tb.php/114-055704bf
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    世界侵略:ロサンゼルス決戦 (Battle Los Angeles)

    監督 ジョナサン・リーベスマン 主演 アーロン・エッカート 2011年 アメリカ映画 116分 SF 採点★★ “友達”ってのは、基本的には自分の近くで作りますよねぇ。わざわざ遠くに出向いて友達を作ろうなんて気は起きない。ってことは、もし宇宙人が遠路遥々地球ま…
    1. 2011/12/24(土) 14:31:43 |
    2. Subterranean サブタレイニアン

    映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観て

    11-64.世界侵略:ロサンゼルス決戦■原題:World Invasion:Battle Los Angeles■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:116分■字幕:太田直子■鑑賞日:10月10日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,800円□監督:ジョナサン・リーベスマン□脚本:ク?...
    1. 2011/11/27(日) 22:18:16 |
    2. kintyre&#039;s Diary 新館

    映画:世界侵略:ロサンゼルス決戦

     エイリアンものは好きなんだけど、予告編を見ても目新しさを感じない。なのであまり期待せず観に行ってきました。と言うわけで今回は世界侵略:ロサンゼルス決戦です。
    1. 2011/11/16(水) 01:24:32 |
    2. よしなしごと

    [映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観た]

    ☆いや、面白かった~^^  今も興奮冷めやらない。  異星人による地球侵略を、それに反攻する(各国の)軍隊(この作品では米軍・海兵隊)の一小隊の動向を追う中で描いている。  この作品も、私が褒め称える、『「世界全体の事件」をうまく一小隊の活躍に還元』で...
    1. 2011/09/21(水) 21:33:30 |
    2. 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

    世界侵略:ロサンゼルス決戦

    試写会で見ました。淳さん、相変わらず喋ってしまいます。(前説)まー語るほどのスト
    1. 2011/09/11(日) 02:15:05 |
    2. うろうろ日記
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。