こんな夢をみた。

    主に映画やドラマの感想をずるずると綴ってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    映画感想「るろうに剣心」


    映画館にて鑑賞。


    【あらすじ】
    週刊少年ジャンプで連載されていた同名コミックの実写化。
    かつて倒幕派の刺客「人斬り抜刀斎」として恐れられた男、緋村抜刀斎。維新から10年が経ち、「不殺(ころさず)」の誓いの下、名前を緋村剣心と変えて各地を放浪する生活を送っていた。そんな旅の中、東京では「抜刀斎」の名を語った辻斬りが頻発。人相書の男は剣心ではなく、神谷活心流の使い手という菅笠の男。剣心はその地で、父から受け継いだ神谷活心流道場を守っている薫という娘と出会う。一方、かつて剣心と敵対していた元新撰組の斉藤一は、今は明治政府の下で警官として人斬りの正体を追っていた。彼は貿易商の武田観柳が事件に関与している事を確信する。人斬りの正体は鵜堂刃衛と言い、観柳の護衛として雇われていた。観柳は医師の高荷恵に阿片を作らせており、それを輸出して莫大な利益を得ようと企んでいたのだ。しかし警察では有力者である観柳に迂闊に手が出せず、剣心は昔のように刺客として協力するよう求められるが拒絶する。しかし、道場の周辺一帯で井戸水が汚染され、住民達が次々と倒れてしまう事態に。今回の事件も偽抜刀斎による凶行も、阿片輸出の拠点とするため付近一帯の土地を狙った観柳が裏で糸を引いていたのだった。剣心たちの元に身を寄せていた高荷恵は、自ら観柳の屋敷に向かうが敵わず、捕らわれてしまう。大切な人たちを守るため、喧嘩屋左之介の協力を得て、剣心は「逆刃刀(さかばとう)」を手に観柳とその部下達に戦いを挑むが、偽抜刀斎・鵜堂刃衛もまた、自らの思惑で動き始めていた・・

    【感想】
    一難去ってまた一難ある展開と俳優陣の熱演あってバランスの良い出来。

    冒頭シーン、剣心と斎藤の対決シーン、剣心の哀しい過去・・と雨が降っているのが印象的。

    斉藤と剣心の対決シーンでの、「己に向いた刃は、やがてお前を苦しめることになる」という斎藤の台詞。これ原作には無い台詞らしいのですが、この台詞が後々の展開に効いてます。
    自分が手を下さなかった刃衛や観柳によって傷つけられる人々・・。苦悩する剣心。


    俳優陣は、ベテラン勢は安定の演技。
    香川照之の観柳は『カイジ』とまた微妙に違ったタイプのふてぶてしさ。
    刃衛役の吉川晃司も雰囲気ありますが、警官役の斎藤洋介が地味に良い味出してます。

    江口洋介の斎藤一はひたすらカッコ良かった。
    私はこの人自体に役柄の幅が広いイメージ無かったので新鮮でした。
    原作の画を見たら随分爽やか路線に変わっている感じがしましたが、これはこれで様になってます。
    原作のまんまイメージだと豊川悦司に目いっぱい痩せてもらった感じ・・?

    左之介役の青木崇高は生卵飲みまくってます。
    3回は飲んだ?(笑)

    高荷恵役の青井優、外印役の綾野剛は熱演で、恵は観柳に吹っ飛ばされたり足蹴にされたり。

    外印は物語の中盤くらいまで仮面でほとんど顔が映らないという役なんだけど、
    落ち着いた声と鋭い目付きから、なんかこの人只者じゃなさそうな感じが伝わってきます。
    仮面を外して剣心と対峙する場面であぁー、この人か、と納得。
    「クローズZEROⅡ」時はほとんど話さない役だったのもあって、
    演技力のある人だとは思ってなかったんですけど、上手い人だと思います。
    他にもクローズZEROの出演者がちらほら。

    剣心役の佐藤健は動き回れるのは強みだと思うけど、表情とかの演技となると、まだまだ未完成な感じ。
    『抜刀斎』としてやっている分にはまだ良いけど、『剣心』となると、
    演技をしてるなぁ、という感じなので抜刀斎が猫被ってるように見えてしまう。


    武井咲の演技は上手い方だと思うんだけど、年齢も若く声が可愛らしいのも相まって迫力がちょっと足りない。
    「土足で上がるなー!!」の時ぐらいにずっと声張ってやれればもっと良いと思うんですけど。


    アクションシーンになるとカメラが動き回るという撮り方(手持ちカメラ風?)はあんまり上手くない感じがしました。
    剣心が何をしているのかよく分からないし、折角の頑張ったアクションなんだから普通に見せて欲しいと思っちゃいました。
    冒頭の鳥羽伏見の闘い場面と、道場荒らしとの対決の場面、外印との対決場面など・・。

    逆にガトリングガンからの射撃を避けながら駆け抜ける剣心がこちらにむかって走ってくるのはカッコ良かった。

    やっぱり見た目が似ているかどうかにこだわらないで演技力を見極めるのって大切ですね。
    キャスティングがなかなか上手かった。
    続編もありそうです。




    【作品ノート】
    「るろうに剣心」
    原題:るろうに剣心
    2012年 日本

    配給:ワーナーブラザース
    監督・脚本:大友啓史
    脚本:藤井清美
    音楽:佐藤直紀
    撮影:石坂拓郎
    美術:橋本創
    原作:和月伸宏
    主題歌:ONE OK ROCK 「The Beginning」

    出演
    緋村剣心(佐藤健)
    神谷薫(武井咲)
    鵜堂刃衛(吉川晃司)
    高荷恵(蒼井優)
    相楽左之介(青木崇高)
    外印(綾野剛)
    戌亥番神(須藤元気)
    明神弥彦(田中偉登)
    山県有朋(奥田瑛二)
    斉藤一(江口洋介)
    武田観柳(香川照之)


    コミック文庫
    るろうに剣心 全14巻セット (集英社文庫―コミック版)

    主題歌
    The Beginning_ONE OK ROCK

    ブログランキング参加中
    スポンサーサイト

    テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

    1. 2012/09/08(土) 23:09:41|
    2. 映画感想・邦画
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<「バイオハザード」についてのあれこれ | ホーム | 映画感想「ダーク・シャドウ」>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://sabakan2umai.blog70.fc2.com/tb.php/146-2f8331f3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。