こんな夢をみた。

    主に映画やドラマの感想をずるずると綴ってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    映画感想「BLACK&WHITE/ブラック&ホワイト」


    【あらすじ】
    「チャーリーズ・エンジェル」のマックG監督によるラブコメ×アクション。
    FDR(クリス・パイン)とタック(トム・ハーディ)はCIAの名コンビ。二人で犯罪組織のカール・ハインリッヒを追い詰めたが、寸での所で逃げられてしまう。責任を取らされて二人は謹慎処分に。一方、分かれた元彼とバッタリ会ってしまったごく普通の女性ローレン(リース・ウィザースプーン)。彼に新しい彼女を紹介されて、自分も相手を見つけようと躍起になる。そんな時恋人紹介サイトで知り合ったのが英国出身でバツイチのタック。入れ違いにCDショップで声をかけて来たFDRとも付き合うことに。二人に事実を打ち明けられずに悩むローレンをよそに、FDRとタックはお互いの相手が同一人物だということに気付いてしまう。CIAの技術を駆使して得た情報を元にそれぞれローレンへ猛アプローチを仕掛けて張り合うが、ある事をきっかけに二人の仲は更に険悪に。絶交宣言した二人だったが、FDRはハインリッヒがタックの命を狙っていた事に気付く。

    【感想】
    粗筋だけ読むと嫌な女っぽい感じがしてもおかしくないローレンは、
    実際見てみるとリース・ウィザースプーンの雰囲気のためというか印象の薄さのためというか、
    嫌な感じはしません。
    悪い人じゃなさそうだとは思います。

    ローレンに変なアドバイスを吹き込むトリッシュは強烈キャラ。
    こうしてステレオタイプ化されるくらいだから、アメリカじゃあこういう感じの女性をわりとよく見かける・・?(笑)
    ハリウッド物のコメディでよく見かける「肉食系おばさんキャラ」って、
    日本で言ったら2時間サスペンスドラマの「人の良いお節介なおばちゃんキャラ」枠に相当しそう。


    アクションシーンはラブコメ成分と半々くらいに盛り沢山。

    冒頭からFDRとタックの活躍。
    クラブに潜入した時の二人の話し方が可笑しい。

    過去に演じた役柄を指した台詞が小ネタとして入ってます。
    クリス・パインが船長でトム・ハーディが旅行業者って・・あれとあれじゃないですかー。

    後半のカーアクションはスタント使わずに本人達が演じている部分が目立ちます。
    車のドアを全開にして銃を撃ちながら仰け反り気味になるところ。
    頑張ってるけど、ちょっと他のシーンと調和が取れてないかも。

    絶縁の危機を乗り越えたタックとFDRの愛の再確認(?)のやり取りが大袈裟で笑えます。

    「愛してるぜ!」
    「俺も愛してるぜ!!」
    「愛してる!」
    (がしっと熱いハグ)


    監督狙ってますな!?

    二人の仲も男女の仲も上手いこと丸く収まりました。

    この二人はそれぞれの演じる役が逆でもできそう。
    どっちにしても英国人のCIA諜報員という部分は変えられないけど。
    なんだか刺青ががっつり入ったミステリアス&マッチョマンなイメージの
    トム・ハーディが知的な常識人という設定にそこはかとない違和感。(笑)

    インセプションの時は気付かなかったけど、あんまり背のおっきい人じゃないですね。

    余談ですが、タック役は元々「タイタンの闘い」のサム・ワーシントンが予定されてたそうで、
    確かに彼なら同じマッチョでもぼくとつとした紳士って感じかも。




    【作品ノート】
    「BLACK & WHITE/ブラック & ホワイト」
    原題:THIS MEANS WAR
    2012年 アメリカ

    配給:20世紀フォックス
    監督:マックG
    脚本:ティモシー・ダウリング、サイモン・キンバーグ
    製作総指揮:ジェフリー・エヴァン・クワティネッツ、ブレント・オコナー
    制作:マイケル・グリーン
    音楽:クリストフ・ベック


    出演[日本語吹き替え]:
    ローレンス・スコット(リース・ウィザースプーン)[松本梨香]
    フランクリン・デラノ・ルーズベルト・"FDR"・フォスター(クリス・パイン)[神奈延年]
    タック(トム・ハーディ)[鶴岡聡]
    カール・ハインリッヒ(ティル・シュヴァイガー)[てらそままさき]
    トリッシュ(チェルシー・ハンドラー)[深見梨加]
    上司のコリンズ(アンジェラ・バセット)[斉藤貴美子]
    ジョー・ヘンソン(ジョン・ポール・ルタン)[牛田裕子]
    ケイティ(アビゲイル・スペンサー)
    ナナ・フォスター(ローズマリー・ハリス)[久保田民絵]


    ブログランキング参加中



    Black&White/ブラック&ホワイト エクステンデッド・エディション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定 [Blu-ray]
    スポンサーサイト

    テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

    1. 2012/10/30(火) 23:59:09|
    2. 映画感想・海外
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<予告編「バイオハザード ダムネーション」 | ホーム | エクスペンダブルズ2のテリー・クルーズってあの人だった>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://sabakan2umai.blog70.fc2.com/tb.php/153-a86a85c4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。