こんな夢をみた。

    主に映画やドラマの感想をずるずると綴ってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    映画感想「のぼうの城」


    劇場にて鑑賞。

    【あらすじ】
    天下統一を目前にした豊臣秀吉は、最後の敵となった北条勢への総攻撃に乗り出す。包囲された小田原城を残し、支城が次々と陥落していく中、周囲を湖に囲まれた「浮き城」の異名を持つ「忍城(おしじょう)」にも危機が迫る。小田原城の援軍に向かった城主の成田氏長に代わり、従弟の長親(野村萬斎)が城を任されるが、誰の目にものんびり屋の彼に武将としての器があるようには見えなかった。しかし領民からはでくのぼうが由来の「のぼう様」というあだ名で呼ばれ、慕われていた。そんな長親に対し、秀吉の命を受けた石田三成(上地雄輔)が総勢2万の大軍を率いて開城を迫ってきた。忍城に残る500の軍勢では到底太刀打ちできるわけがなく、城主氏長の娘である甲斐姫(榮倉奈々)や、長親の幼なじみ丹波(佐藤浩市)はじめ、誰もが開城を受け入れるものと思っていたが、長親は戦って城を守る決意を固めてしまい・・

    【感想】
    コントのようなボケと突っ込みのある会話と殺伐とした闘いの描写のバランスが
    あまり良くない感じ。

    戦闘シーンは参加人数が多くて、血飛沫や直接的な描写もあってけっこう過激。
    かぞう役の中尾明慶が殴られるシーンも痛々しかった・・。
    それが会話のシーンになると、のぼうがボケて、
    佐藤浩市かぐっさんが突っ込み役というような軽い雰囲気に。

    全体として部分部分が少しずつ理想より長いような。
    甲斐姫に男達が次々投げ飛ばされる場面とか。
    とくに「田楽踊り」の場面がやたらに長くて、
    野村萬斎の見せ場なのは分かるのですが、
    物語的にはちょっと間延びしていました。

    歴史モノということで、
    戦闘終了後の映画終盤部分には、
    「石田三成はその後こうなってこうなって関が原の闘いで敗れた~」というように、
    登場人物たちそれぞれのその後がどうなったか紹介が入っています。
    全体が真面目な雰囲気だったら、この辺ももっと効果的だったのかも。


    山田孝之の演技は今回はあまりはまり役じゃなかった気がします。
    この二人組は見た感じ受ける印象が若過ぎる感じはしましたが、
    三成役の上地雄輔は、
    何か他の映画を見た時にも同じように感じたんですが、
    演技はなかなか悪くないんだよなーと思いました。



    【作品ノート】
    原題:のぼうの城
    2012 日本
    配給:東宝、アスミック・エース

    監督:犬童一心、樋口真嗣
    脚本:和田竜『のぼうの城』(小学館刊)
    主題歌:エレファントカシマシ『ズレてる方がいい』


    出演:
    成田長親(野村萬斎)
    甲斐姫(榮倉奈々)
    酒巻靭負(成宮寛貴)
    柴崎和泉守(山口智充)
    石田三成(上地雄輔)
    大谷吉継(山田孝之)
    長束正家(平岳大)
    豊臣秀吉(市村正親)
    正木丹波守利英(佐藤浩市)


    ブログランキング参加中




    のぼうの城 - 和田竜
    スポンサーサイト

    テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

    1. 2013/01/08(火) 19:18:12|
    2. 映画感想・邦画
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<巳年だけど7ヶ月強、トラと漂流生活。 映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」予告 | ホーム | 暗黒に染まったベネさん。 映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』特報>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://sabakan2umai.blog70.fc2.com/tb.php/168-47ae925d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。