こんな夢をみた。

    主に映画やドラマの感想をずるずると綴ってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    映画感想「愛と誠」


    【あらすじ】
    梶原一騎・ながやす巧による同名の少年漫画を『クローズZERO』の三池崇史監督が映画化。
    1972年の新宿。裕福な家庭の一人娘として何不自由なく暮らしている早乙女愛は、幼い頃に雪山で怪我した所を助けてくれた「白馬の騎士」太賀誠と運命の再会を果たす。しかし札付きの不良になっていた誠は上京早々、不良グループと乱闘を繰り広げ少年院送りに。そこで愛は、彼を更正させようと両親に頼んで自分が通う名門青葉台学園に編入させる。そんな愛の企みもむなしく、誠はすぐに問題を起こして退学となり、不良のたまり場、花園実業へと転校。愛も誠を追って転校し、彼女に一方的な想いを貫く優等生の岩清水弘も愛を追って転校。そこで出会ったスケバンのガムコは、自分を初めてぶちのめした誠に一目惚れ。そんな不良だらけの学校の中で浮いた存在感を持つ女子生徒、高原由紀が誠に近づいてくる。

    【感想】
    三池版ロミオとジュリエットなこの作品。
    ミュージカル調になっていて面白いですが、ハリウッド製のものと比べてしまうと、
    平均的な歌の実力に圧倒的な差を感じてしまうのは否めないです。

    ミュージカルの形式としては、舞台劇を映画化した『レ・ミゼラブル』のような作品のために用意された歌があるものではなく、ユアン・マクレガーの『ムーラン・ルージュ』のような元々ある歌謡曲をシーンに合わせて使っているもの。

    妻夫木聡、武井咲を筆頭に出演者たちの歌う「あの素晴らしい愛をもう一度」、「空に太陽があるかぎり」など、懐かしい60年代、70年代の曲たちを堪能できますが、私のお気に入りソングは何といっても伊原剛志の歌う「オオカミ少年ケンのテーマ」。
    ババンババンボン、バンババンボボン。

    テニスの王子様だったこともある斉藤工はもっと上手く歌ってくれてもよかった・・。


    冒頭と最後のアニメーションはあえてのあの可愛らしい絵柄なんでしょうけども、
    原作タッチでやっていても不自然にはならなかったんじゃ・・?

    喧嘩の描写は『クローズ』の時よりちょっと動きが速くなったような、スマートになっていた気がします。
    印象的ですが、紙芝居シーンはおどろおどろしくて暗黒を感じました。(笑)


    ラストシーンの解釈なのですが、
    二人が抱き合っているシーンとその前後を比べてみると、
    誠と愛が抱き合っている場面は現実のことでは無いような。


    愛は好きよ好きよと、まさに恋に盲目なお嬢様という感じですが、
    誠が何を考えているのかは最後までよく分かりません。

    恋心を押し隠しているという表現と言うには苦しい感じ。

    やはりこの終息を迎えるわけなので、
    誠の心情をもう少し掘り下げてもよかったのでは。




    【作品ノート】
    原題:愛と誠
    2012年 日本
    配給:角川映画、東映

    監督:三池崇史
    脚本:宅間孝行
    原作:梶原一騎、ながやす巧『愛と誠』
    製作:池田宏之、藤岡修、遠藤茂行、平城隆司ほか
    音楽:小林武史
    振付:パパイヤ鈴木
    主題歌:一青窈『愛と誠のファンタジア』
    エンディングテーマ:かりゆし58『笑っててくれよ』

    出演:
    太賀誠(妻夫木聡)
    太賀誠・幼少期(加藤清史郎)
    早乙女愛(武井咲)
    岩清水弘(斎藤工)
    高原由紀(大野いと)
    ガムコ(安藤サクラ)
    先生(前田健)
    早乙女美也子(一青窈)
    太賀トヨ(余貴美子)
    座王権太(伊原剛志)
    早乙女将吾(市村正親)


    ブログランキング参加中

    ↑よろしければポチッと


    愛と誠 コレクターズ・エディション 期間限定生産(2枚組) [DVD]

    愛と誠(1) (講談社漫画文庫)
    スポンサーサイト

    テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

    1. 2013/01/21(月) 01:11:47|
    2. 映画感想・邦画
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<映画感想「レ・ミゼラブル」 | ホーム | 巳年だけど7ヶ月強、トラと漂流生活。 映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」予告>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://sabakan2umai.blog70.fc2.com/tb.php/170-51a33880
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。