こんな夢をみた。

    主に映画やドラマの感想をずるずると綴ってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    映画感想「ドラキュラZERO」

    pict【あらすじ】
    15世紀。メフメト2世のオスマン帝国がヨーロッパへと侵略を広げているなか、今まで侵略の手を阻んでいたワラキアのヴラド3世もまた、頭を悩ませていた。メフメトが突き付けてきたのは貢納金の増額と、ヴラドの息子も含んだ人質1000人を兵士として差し出せと言う要求。悲しむ妻と、健気な息子の姿・・。遂にその要求を撥ねつけてしまったヴラドだったが、オスマン帝国の兵力から民や家族を守る為に、伝承の闇の力と契約し、自身が魔物と化してしまう。逆にオスマン帝国を圧倒してゆくが、強大な力の代償に、陽の光に身を焼かれ、血への渇望に苦しむ事になる。3日の間血を飲まずに堪えることができれば、元の体に戻れると言うが・・。

    【感想】
    ブラム・ストーカーの『ドラキュラ』の元ネタ、ワラキア公のヴラドを主人公に据えて、史実も交えつつ従来のイメージを覆すダークヒーローとしてのカッコいいドラキュラを描こう、という感じの作品。時代劇だし、耽美なムードも無い訳じゃなく、吸血鬼物のお約束ポイントも踏襲してるんですが、思ってたよりもアクション映画志向であっさりした印象。

    あの有名な串刺しのエピソードが冒頭でサラッとナレーションで終わってしまうのは、そこん所の理由こそどう描かれるのかと期待していたのでちょっと拍子抜け。後のシーンで串刺し自体は出てくるんですが・・
    映画のストーリーにおいて大して重要な扱いではないんですよね。


    見せ場のアクションが、一騎当千アクションという感じの、ヴラドが手を振りかざすと、それに合わせて無数の蝙蝠が大きな拳となって敵の兵団を一掃しちゃうというようなCGアクションなので、カッコいいんだけど大味で、アクション映画と思うと物足りない気がします。


    ルーク・エヴァンスのブラド公はよく似合ってるし、悩める姿も素敵です。背中もセクシーです。燃え盛る火の中から出てきて怒り散らすシーンなんかは、異質な存在になってしまったっていう虚しさが出ています。主人公に呪われた力を分け与える穴倉に潜む老人も気持ち悪くてよろしい。しかし何を企んでいるのか気になるし鍵になる存在なんですが、結局最後まで謎のまま・・



    『リンカーン 秘密の書』で吸血鬼だったドミニク・クーパーは今作では人間です。(あれも「歴史的な人物」×「吸血鬼」でしたね。)メフメト2世役って顔の濃さで選ばれたに違いない。クライマックスの決闘シーンでドラキュラの弱点を突いたちょっと嫌な作戦を使うくらいなもので、せっかくだしもっと見せ場があっても良かったんじゃ?この役ならエヴァンスさんに合わせて、大柄でどう見ても悪役ってタイプの人の方が分かりやすかったような。


    全体的にあっさりこざっぱりして説明不足な感もあるので、もうちょっとずつ詳しく見せてくれたらもっと面白かった気がします。



    ドラキュラZERO [DVD]



    【作品ノート】
    原題:DRACULA UNTOLD
    2014年 アメリカ
    配給:東宝東和

    監督:ゲイリー・ショア
    脚本:マット・サザマ、バーク・シャープレス
    制作:アレッサ・フィリップス他
    音楽:ラミン・ジャヴァディ


    出演[日本語吹き替え]:
    ヴラド・ドラキュラ(ルーク・エヴァンス)[東地宏樹]
    メフメト2世(ドミニク・クーパー)[伊藤健太郎]
    ミレーナ(サラ・ガドン)[弓場沙織]
    洞窟の吸血鬼(チャールズ・ダンス)[堀勝之祐]


    ブログランキング参加中
    スポンサーサイト

    テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

    1. 2015/06/24(水) 00:41:51|
    2. 映画感想・海外
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<新デスノートの設定が凄い | ホーム | IBMのCMにドミニク・クーパーが出てるだと・・?>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://sabakan2umai.blog70.fc2.com/tb.php/200-905a2a75
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。