こんな夢をみた。

    主に映画やドラマの感想をずるずると綴ってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    映画ちょびっと感想「インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国」「JUNO ジュノ」「ハンティング・パーティ -CIAの陰謀-」

    今回は最近観たレンタルDVDの中から
    重すぎず、軽すぎないストーリーのおすすめ作品をご紹介しま~す。


    まずはこれ
    「インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国」
    言わずもがな、インディ・シリーズが沈黙を破って復活した最新作。分かっているけどやっぱり『えぇえ!!』と言いたくなる衝撃の展開が待っています・・。ええ、でもスピルバーグ監督だものね。らしいと言えばらしいですよ。映画館で一回観たんですが、その時より自宅で家族とわいわい一緒に見た時の方が面白かった気がします。ぜひ親子で観てくださいまし。でも、管理人はシャイア・ラブーフの不良ファッションに注目してました。(笑)



    そしてこれ
    「JUNO ジュノ」
    米では女子高生集団妊娠事件なんていう凄い事件がありましたが、その女の子達が観てた映画がこれです。16歳にして妊娠してしまったジュノはすぐさま中絶しようとするんですが、行った先の相談センターで考え直し、子供を産んで、不妊で悩んでいる夫婦に渡す事にする。
    あらすじだけ見ると「馬鹿かお前は!(怒)」と言ってやりたい話なんですが、実際観てみるとどうも私が思ってたのと話の論点が違うんです。まず監督が男性なのにジュノの心理や不妊で悩むヴァネッサの心理を描くのが上手い!(ダメ男を描くのも上手い!)元々この映画の監督のジェイソン・ライトマンは風刺的な作風で、受け取りようによっては、『それでも良い』と言ってるようにも見えるんです。でも肯定しているわけでもない。だからちょっと、見る側の理解力を必要とする所はありますが、おすすめです。


    三つ目はこれ
    「ハンティング・パーティ -CIAの陰謀-」
    実在のジャーナリストの実体験を元に作られた映画で、ジャーナーリスト三人で戦争犯罪人の親玉を捕まえてしまおうという無謀な計画をやってしまうというお話。三人が捕まえようとする戦争犯罪人の「フォックス」のモデルは、ボスニア紛争での大量虐殺の首謀者。予告編がちょっとコミカルな印象を与えて不謹慎な話なのかと思っていたけど、観てみると痛快。最近は何かとお騒がせなイメージのリチャード・ギアですが、ちょっと見直しちゃいますよ。エンドロールでI FOUGHT THE LAWをかける選曲もグッド。”I fought the law and the law won...”という歌詞が映画の内容とマッチしてます。



    お暇な時にいかがでしょう?
    スポンサーサイト

    テーマ:洋画 - ジャンル:映画

    1. 2008/11/25(火) 20:39:47|
    2. 映画感想・海外
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<「ダークナイト」次回作の配役はいったい・・・! | ホーム | IMAX版ダークナイトを日本でも観たい!>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://sabakan2umai.blog70.fc2.com/tb.php/49-84ce0d26
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。