こんな夢をみた。

    主に映画やドラマの感想をずるずると綴ってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    天使と悪魔を見てきました!

    明日はMステにグリーン・デイが出る日。

    そうですーグリーン・デイですぅ。

    新作の「21世紀のブレイクダウン/21st Century Breakdown」から
    「ノウ・ユア・エナミー」を演奏する予定です。

    時間的に無理そうだけど他の曲も聴きたい・・・うぅ
    タモリさんと何話すんでしょうね。
    というか話す時間はあるのかしら~?
    別会場だったらね・・・あんまり無さそうですけど。


    ところで
    話は変わりますが昨日「天使と悪魔」を見てきました。
    ほんとは「スラムドッグ・ミリオネア」を見るつもりだったんですが
    公開時期ももうそろそろ終わり、という事で上映回数が少なくて
    時間に間に合わなかったんですよ。

    で、こっち見たわけなんですが
    見て損無し!
    面白かったです。
    「天使と悪魔」は「ダヴィンチ・コード」の続編で
    トム・ハンクス演じるラングドン教授がキリスト教にまつわる
    謎を解き明かすミステリーです。
    今回の舞台はカトリックの総本山であるヴァチカン、
    ローマ法王が逝去した所から物語が始まります。
    法王の座が空席になってしまうので
    次期法王を選出する「コンクラーベ」が行われようとするのですが・・・
    そこに大昔に壊滅したはずの秘密結社イルミナティを名乗る者から
    脅迫が送られてきます。

    犯人は「次期法王の有力候補である4人を拉致し監禁している、
    17世紀に我々が受けた迫害への復讐として
    この4人を生贄として殺害する」と。

    そこでイルミナティの謎を解き明かし4人を救出するため
    ラングドン教授が呼ばれるわけなのです。


    ちなみに私は原作読んでないんですが、
    出版順は「天使と悪魔」が先なんだそうですね~。
    監督は前作と同じでロン・ハワードで、
    ラングドン教授がトム・ハンクスに、法王の侍従役でユアン・マクレガー、
    ヒロインのアイェレット・ゾラーと出演者は実力派ぞろい!

    監督なのか脚本なのか、ミスリードが上手くてですね
    犯人はこの人だな~っていうのは割とすぐ
    配役とかからしてもね、予想が付くんですけど
    犯人がどういう意図でやってるのか、が最後まで分からないんですよ。
    こういう考えでやってるんだよね、
    ていうのが気持ち良く(?)裏切られます。
    もちろん映画なんだから「えー、そんなばかな」って所もあります。
    でも、全体として作り手の言いたいことが私にはとても納得できました。

    いやー、でもユアン・マクレガーって演技上手いんですね!(←今更)
    ちょっとセクシーでしたしねー・・っていうその点だけでも
    見る価値ありですよ。(笑)
    (結局そんなオチ)


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    映画「天使と悪魔」 -オフィシャルサイト

    Yahoo!映画 
    ユアン・マクレガー 「天使と悪魔」インタビュー
    トム・ハンクス 「天使と悪魔」インタビュー 注*ネタバレます
    スポンサーサイト
    1. 2009/05/28(木) 20:35:34|
    2. 予告編
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ウォール街2にハビエル・バルデムが出演するらしい。 | ホーム | トランスフォーマー・リベンジにもリンキンパークの新曲>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://sabakan2umai.blog70.fc2.com/tb.php/61-baf675e2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。