こんな夢をみた。

    主に映画やドラマの感想をずるずると綴ってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    映画感想「バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生」



    【あらすじ】
    崩壊したクリプトン星の生き残りであるスーパーマン/クラーク・ケント。彼は壮絶な戦いの果て、地球をクリプトン星に造り変えてしまおうと目論んだ同族のゾッド将軍を打ち倒した。しかし超人同士の戦いの舞台となった都市の被害はあまりに甚大で、世間ではスーパーマンを糾弾する声が上がり始めた。正体を隠しながらバットマンとしてゴッサム・シティを守護するブルース・ウェインも、スーパーマンの力を脅威と捉えていた。一方でクラークも、悪人に対して容赦ない制裁を加えるバットマンのやり方に疑問を抱いており、二人は対立していく。クラークの恋人で同僚の記者ロイスは、アフリカでのテロ組織取材中に間一髪の所をスーパーマンに救われる。しかしその時のスーパーマンの行いもバッシングの対象になり、彼女は恋人のため、アフリカで使われた謎の銃弾の出所を突き止めようとするが、そこで浮上してきたのが大企業のレックスコープ。CEOのレックスは脅威への備えを訴えて政府に取り入ろうと不穏な動きを見せていた。

    【感想】
    ダークでシリアスでアクション満載なスーパーマン映画「マン・オブ・スティール」の続編で、DCコミックのキャラクター達が同一世界で活躍する映画作品群DCEU(=DCエクステンデッド・ユニバース)の開幕作品でもあるのがこの映画。世界的にほぼ同日公開で期待値が高まっていたこともあり、賛否両論になってますが・・、ドМ系映画ファンの私の感想としては、確かに駄目な部分もあるけど、それ以上に好きな部分もあるので嫌いになれないし・・好き・・!という感じでした。

    因みにこの映画見る前の私のDCコミック知識(バートン版「バットマン」、「フォーエバー」、「バットマン&ロビン」、「ダークナイト」三部作、「スーパーマン・リターンズ」、「マン・オブ・スティール」鑑賞済み。出て来ると言われてたキャラについては事前にググっていてどんなキャラなのか多少は知ってました)


    バットマンやスーパーマンの棚引くマント、バットマンのアーマースーツなど、CGの完成度の高さは相変わらずです。前作の超人同士の超速バトルシーンはゲームっぽくて好きじゃなかったんですが、今回は真人間のバットマンが参戦した事で、少々もっさり気味な位に生身のぶつかり合いの感じが出てたのは良かったかなと思います。前作のクライマックスのバトルをブルースの視点で見た序盤のシーンは迫力満点で、意図的なのか9.11テロ事件の光景を想起させますが、実際の事件を見ているような臨場感は圧巻です。


    新バットマンのベン・アフレックと新アルフレッドのジェレミー・アイアンズはどっちも良かったですね。「ダークナイト」は好きですが、バットマンと執事のコンビとしてはこの組み合わせの方が好きかも。ちょっと頭に血が昇り気味のブルースですが、スーツ姿は普段のベンアフよりナイスミドルに見えるし、人間味があって良かった。どっちかというとクリスチャン・ベールより、マイケル・キートンのブルースに近い感じでしょうか?歴代最年長のブルース(ベンアフの実年齢43より高い設定らしいので40後半から50代?)に比べてアルフレッド役のジェレミーはこれまでよりちょっと若く見える(66歳。マイケル・ケインは「ビギンズ」の時73歳だった)ので、年齢差が小さく今までより相棒っぽい感じ。親密な感じでやり取りも面白いです。


    難点は情報量が多くて展開が早い事だと思います。全体に散りばめられた謎解き的な要素について、鑑賞者に推察させた後の念押しだったり答えを明かしたりする描写が少なくてあんまり上手くない感じなので、ちゃんと見てればこうなんだろうなというのは分かるんですが、この解釈で合ってるのかなぁ・・と一抹のモヤモヤ感が残ってしまうかも。話その物は面白いんですけど、繋がりが分かり難いという感じでしょうか?ブルースの悪夢やレックスコープから盗み出した映像も、この映画の本筋にも影響を与えているのは確かなんですけど、ブルース本人がそれを見て率直にどう思った、というのが無いので、単に次回作や個々のキャラクター単体作品を見てもらう為の前ふりに見えてしまうのかなぁ・・と。あとクラークが踏んだり蹴ったりであんまりにも可哀想かと・・。

    分かり辛さと言うと、公聴会爆破シーンとバットマンによるレックスコープ襲撃事後シーンの繋げ方なんかは特にそうで、この場面だとブルースが元社員の書類を返送していたのがレックスによる成りすましだった事実に気付いたように見えるので、「ブルースが爆破がレックスの仕業だと気付き報復としてレックスコープを襲撃しに行った」ようにも見えるんですが、結局ブルースはスーパーマンを半殺しに追い詰めて初めて彼ががわざわざ会いに来たのがレックスの差し金だった事に気付いたので、成りすましにも全然気づいてなかったんです。

    ただ、アフリカで結局何があったか全然分からなくなってるのとか、最後レックスが何のことを喋っていたのかについて分からなくなってしまっているのは、R指定回避の為の30分削除のせいと言えそうなので、その30分程度が復活すれば印象が変わるかもしれません。
    ※映画の封切後に公開された削除シーン⇒Youtube " Communion "


    ・・・

    「親」にまつわるコンプレックスを抱えたバットマンとスーパーマンと悪役のレックスという三人。スーパーマンとバットマンの母親がたまたま両者ともに名前が『マーサ』で、それが二人の和解の切っ掛けになる事自体はエモーショナルで良かったと思いました。ただその後で交わされたであろう会話をもっと聞きたかったのと、レックスとクラークよりも年上で経験もあるはずのブルースについては、相手の言い分も聞けないほど思いつめていく過程をもっと分かりやすくやってくれた方が良かったのかなと思います。例えば、過去に起こったであろうジョーカーやロビンについての苦い記憶を思い出すシーンも入れるとか・・。


    で、ちょっとくどい位ある夢や幻のシーン。一番印象に残るのは、バットマンが砂漠で戦う悪夢シーンとその後の早く来すぎた男(エズラ・ミラー演じるフラッシュ)からの警告の部分だと思いますが、「冒頭のバットマンの幼少期の回想」、「母マーサの墓から怪物が飛び出す夢」、「亡くなった父ジョナサンの幻影とクラークの雪山での対話」も夢幻の場面に含めて良いんじゃないかと思います。

    この夢と現実の区別が分からなくなりそうな見せ方の意図するところは、例の『砂漠の悪夢シーン』を沢山ある他の夢や幻の中に紛れ込ませて、「悪夢みたいに見えたけど、本当はブルースの仲間フラッシュが未来からの警告をする為に過去に干渉してブルースに未来の現実(?)を見せたシーンだった」という事を、次回作のジャスティス・リーグを観て初めて理解できる、というサプライズ効果を狙った演出なのだと思われます・・。悪夢シーン自体が長いしもう少しあっさりしていて欲しかったですけど、やりたいこと自体は何となく分かります。

    必死なフラッシュが残していった迷言。
    " Am I too soon ? I'm too soon !! " (僕は早く来すぎた?早く来すぎた!!)





    【レックス・ルーサーの言動を考察してみるコーナー】
    この映画の若くてチャーミングでハゲてないレックス・ルーサーは、同名の父親から会社を引き継いだ息子のレックスJr. という設定。本人が受けた仮想インタビュー記事や本編中の台詞によると、父親は東ドイツからの移民で最初は貧しく、石油化学や重機工業を扱う会社としてレックスコープを起こして成功したが、2000年に死去。それから息子の彼が会社を継ぎ、IT企業に転換してさらに会社を拡大、若くして成功を収めている、となってます。

    ジェシーは普段の特徴的な口調ではなくて、声色も高く感情の起伏も激しい人物としてレックスを演じています。ほの暗い背景設定も相まって、スーパーマンの敵でありながらゴッサムシティに居そうなタイプ・・・。なので堂々としたハゲの壮年男性というイメージに慣れ親しんだ原作ファンからはいろいろ言われていたりするようですが、設定の時点でかなり独自色の強いキャラになっている気がするし、ジェシーの演技を観ているのは面白かったので、もうDCEUのオリジナル・レックスとしてこれはこれで有りなんじゃないでしょうか。

    レックスがスーパーマンに敵対する理由は、父親から虐待を受けていた時に誰も救ってくれなかった経験から、「全能の神は善良でなく、善良な神は全能ではない」と悟り、自分を助けなかった全能なはずの神とスーパーマンは同じ様なものだとして怒りを抱いているから。スーパーマンにバットマンの首を持って来いと言ったのも、スーパーマンが善良ではない事の証明になる。若しくは、善良なスーパーマンが何もできない事を証明するつもりだったかも。どっちにしてもレックスが正しい事になる二択・・。レックスが怪物ドゥームズデイを作り出してしまうのも印象的で、原作コミックでは初期に描かれていた『スーパーマンを逆恨みする同年代のマッドサイエンティスト』の設定に悪徳企業家の設定を組み合わせたひねった設定になってます。

    " You flew too close to the sun "
    ただレックスはスーパーマンと神を混同して訳が分からなくなってるという訳でもないんです。スーパーマンと同族のゾッド将軍の死体を前に、太陽の力でクリプトン星人が凄い力を発揮するのを踏まえて、太陽に近付き過ぎて墜落したイカロスの例えをしてゾッド将軍を憐れんでいますが、イカロスは人間です。クラーク・ケントが地球育ちなのも知っているし、神ではなくただの異星人なのも分かってるんですよね。自分でも矛盾している事に気付いているから、動揺が態度に出ちゃうんでしょうか。

    虐待は辛かったに違いですが、部屋をそのままにしている事や父の事を嬉し気に語る様子などからして彼は父親を心底憎んでいたわけじゃなさそうで、むしろ敬愛していた父親から暴力を受けたという矛盾が彼を狂気に走らせる原因になってそうです。彼は力で抑えつけられる事を嫌いながら、自らも暴力に頼っています。

    パーティーのスピーチでレックスは、「本は知識、知識は力だ」と言った後で、" The bittersweet pain among men is the knowledge with no power because that is PARADOXICAL " (人にとってのほろ苦い痛みは知識に力が伴わない事、それは矛盾しているから)と言ってます。知識は力なのに、知識に力が伴わない事は矛盾していると。優れた頭脳を持っていても、力で敵わずに父の暴力から逃げられなかった事を念頭にした発言だと思われます・・。スーパーマンと対峙するシーンでは、父親の暴力について、" daddy's fist and abominations " (父の拳と凄く嫌な事)と含みのある言い方をしてます。直前のロイスに言っていた何気ない小説「ロリータ」からの引用も、流れ的にやはり虐待の内容を示唆しているような気もします。設定では2015年のインタビュー時点でレックスは31歳、2000年の父親死去時には16歳だった事になりますが、もしかすると、父親の虐待に耐えかねた彼は父を殺害してしまったのかもしれません・・というかそんな気がします。

    スーパーマンの力に敵対したレックスは、スーパーマン以上にスーパーな力を持っていそうな「彼」については敵対するのか協力するつもりなのか・・?気になるところです。

    ・・・

    駄目な所もありますが、警官に見つかった時の壁に張り付いたバットマンの爬虫類過ぎる動き。バットポッドでの怒りの帰宅シーン。謎が多過ぎるけどカッコ良過ぎるワンダーウーマンさん。ハンス・ジマーとジャンキーXLによる音楽。等々の良い所も混在した憎めない映画になっております。(笑)


    ディレクターズカット版↓

    バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディション ブルーレイセット(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]





    ▽バイラル宣伝集:

    トルコ航空とのコラボ
    ブルース出演⇒ゴッサムシティ編
    レックス出演⇒メトロポリス編

    レックスコープの公式ページ⇒https://www.lexcorp.io/
    レックスの公式ツイッターアカウント⇒https://twitter.com/alexanderluthor

    レックスコープが開発した次世代型OSソフト「レックスOS」:
    その物がネットワークで繋がっていて成長を続けるという物っぽい。スパイク・ジョーンズ監督の「her」に出てきたサマンサみたいな感じ?
    公式アナウンス動画
    LEX/OS試運転ページ・・・ミニゲームができます。基本的に隣り合ったパネルを指示通りに並べればクリア。

    レックスが受けたインタビュー記事
    WIRED誌
    FORTUNE誌

    こう並べると異様に力が入ってるレックス関連。




    【作品ノート】
    「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」
    原題:BATMAN V SUPERMAN DAWN OF JUSTICE
    2016年 アメリカ
    配給:ワーナー

    監督:ザック・スナイダー
    脚本:デビッド・S・ゴイヤー、クリス・テリオ
    原案:ボブ・ケイン『バットマン』、ジェリー・シーゲル『スーパーマン』
    制作:クリストファー・ノーラン
    音楽:ハンス・ジマー、ジャンキーXL


    出演:
    クラーク・ケント/スーパーマン:ヘンリー・カヴィル
    ブルース・ウェイン/バットマン:ベン・アフレック
    ロイス・レイン:エイミー・アダムス
    レックス・ルーサー:ジェシー・アイゼンバーグ
    マーサ・ケント:ダイアン・レイン



    ブログランキング参加中

    テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

    1. 2016/05/22(日) 00:44:45|
    2. 映画感想・海外
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」からレックスの台詞部分

    お久しぶりですが、ここで来週3月25日公開の映画「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」の予告を見ていきたいと思いますよ。

    Batman v Superman: Dawn of Justice - Official Final Trailer [HD]



    貴方はバットマン派ですか、それともスーパーマン派ですか?どうでもいいお知らせをすると、私はジェーシー・アイゼンバーグのルーサー推しです。ちょっと気がかりなお知らせをすると、ジェシーくんとカヴィルさんはこう見えても同い年らしいという事です。


    グッドモーニング・アメリカよりインタビュー映像。
    始めの方でスーパーマンとルーサーの対峙するシーンの本編映像が紹介されていて、今までのトレイラーにあった台詞を言ってるシーンなんですが、映像出てなかった部分が含まれてるので嫌な方は見ない方がよろしいかと思われます。
    'Superman vs. Batman' | Jesse Eisenberg on Playing Lex Luthor

    かなり良い感じに危ない男になりきってるんじゃないでしょうか。
    コメント欄の海外勢も阿鼻叫喚だった発表時と比べると好意的になってきた感じで、ん~早く見たい!


    ブログランキング参加中

    テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

    1. 2016/03/16(水) 21:48:09|
    2. 予告編
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    カカシ先生の暗部時代について考えてみた

    NARUTOの連載が完結して1年だそうです。読んでないとサッパリ分からないネタだと思うのですがご容赦ください。こんな内容なのは私の中でNARUTOブームが再燃しているからで、一番好きな登場人物のカカシの暗部時代って原作では所属していたって事実以上は言及された事がほぼ無くて丸っきり謎なので、妄想し甲斐があるというものなのです。

    ちなみに私はNARUTO展行かなかったんですが、今頃激しく後悔しております。後悔先に立たず・・。

    今回はアニメオリジナルストーリーとして放送された「カカシ暗部編」の大筋を基に、ツッコミを入れたり、話を盛ってみたりしながら「カカシの暗部時代はこんな風だったら良いよね」を考えてみます。

    アニメでは、当時火影だったミナトが、リン死亡事件で傷付いているであろうカカシを案じて、自分が近くで見守る為に、火影の直轄部隊である暗部に入れた、となってました。が・・、選りすぐりのエリート達が集まっているとされる暗部の正式名称は「暗殺戦術特殊部隊」で、その名の通り暗殺や諜報活動などの公にできない仕事をする為の部隊という設定。大戦は終わっていて、敵には何時でも情け容赦無く止めを刺せとは教わらない木の葉の里の中でも(←水月が止めを刺さないサスケに向かって木の葉出身者である事をからかう台詞が有るので、木の葉の忍が基本的には殺しをしないのはよく知られている模様)、悪く言えば、汚れ仕事がメインの部隊なので、アニメの通りただ心配の気持ちでここにカカシを入れたとすると、ミナトがドSという事になってしまう設定でした。



    で、ここからはアニメの設定に沿いつつ盛ってみた仮想話です。


    ~リン死亡事件時、カカシは気を失っていたので何が起きたか知らず、木の葉の救援部隊が来た時、「誰がやったんだ」と言っていたとされてます。あの時オビト(+トビ)がやった事を申告するような登場人物は一人も作中に登場していないので、恐らくカカシ以外は誰も助かっていない全滅状態だったと思われます。そんな状況で、事実を知らない人間から見た時に普通に考えるなら、謎解きのセオリーとして、怪しいのは一人生き残っていたカカシのはずです。

    勿論カカシは自分の潔白を主張します。信じてくれる人も居ますが、やはり確証が無い以上、疑念が残ります。リンの家族は描かれた事が無いですが、彼女にだって少なくとも顔見知りやご近所さんぐらいはいたはずなので、任務に出たのに帰って来なかったとなれば、木の葉の他の忍達にもその内知られる事になります。事実をそのまま聞いたとしても、死人に口なしです。するとカカシを恐れて、一緒に任務に付けないで欲しいとか、監視するべきだとかいう声が上がるようになってきそうなもんでしょう。だってナルトの良い影響を受ける前の木の葉だし・・。

    で、木の葉の上層部は協議の末、疑惑の人物の脅威から大半の他の忍達を隔離する為、火影自身が見守り、かつ監視する為に、暗部に入れる事を決定付けたのです。大戦のダメージから里がまだ回復途上でもあり、危険の芽は摘んでおかねばならないから・・。ミナトにとっては、教え子を信じたい気持ちと、火影として里を守る為、可能性には備えておかねばならないという現実の狭間に立たされた苦渋の決断だったという事になります。


    カカシ自身は、最初こそ潔白の主張をしてみもしましたが、自分でも記憶が無いので、疑心暗鬼になってもいて、ミナト先生が監視してくれるならと、むしろ進んで暗部入りを受け入れます。もしかしてこの写輪眼って暴走するんじゃないの?というこの時の疑念が、写輪眼使用を超絶見切り力意外に使う気を起こさせず、カカシ自身が万華鏡写輪眼を使える事に気付くのを遅れさせちゃった、という事でどうでしょう。

    母にも父にも置いて行かれ、オビトも自分のせいで死に(・・とカカシは思ってますよね)、リンも守れず、暗部に入って暗殺だとか諜報だとかをこなしていく内に、「オレなんかは一生こんな汚れ仕事でもやっているのがお似合い」だとか「任務中に命を落とす様な事になるならそれで良い」とか荒んだ事を思う様になるんですが、戦後生まれの子供達がアカデミーの庭を走り回るようになり、ミナト夫妻もナルトを授かって・・・、そんな様子を見ている内に、考えが変わっていきます。

    (この辺は『イタチ真伝』読んでてカカシならちょっと違う気持ちだろうなと思って考えてみたんですが)「これからの子供達が自分達の様な経験をしないで済むように、命のやりとりをしないで済むように、その為にこそ自分は暗部の任務を引き受けていこう」と。未来を担う子供達を笑顔でいさせる為に、自分の手を汚すなら構わないと。オビトの贈った言葉を胸に、仲間の為里の為に自分は犠牲になっても良いと覚悟を決めます。~



    カカシはナルトじゃないんで、殺し殺されという、忍世界のシステム自体に立ち向かおうって発想は出てこないから、こんな感じじゃないでしょうか。悲しいのは、オビトはそれが可哀想だと思ってたって事ですよね。オビトもナルトじゃないので、じゃあ無限月読だちくしょう!になってしまうんだけど。カカシの生い立ちを知っていて、カカシにも本当の意味で幸せになって欲しかったのに、「クズ」の仲間入りしてるじゃないかと哀れみ、忍世界に対する絶望を深めてしまう。


    締まってないけど今回は眠気に襲われているのでこの辺で終了~。

    ナルト展行けなかった件ですが、グッズ販売フェアのお陰で行った気分をちょっと味わえたので、私は無限月読しなくて済みそうです。


    ブログランキング参加中

    テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

    1. 2015/11/11(水) 01:12:44|
    2. 本・マンガ感想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    「TIGER & BUNNY」ロン・ハワード製作総指揮で実写化だってよ!!

    何とタイバニがハリウッド実写化というニュース。しかも「アポロ13」や「天使と悪魔」を手掛けたあのロン・ハワード監督が製作総指揮ときて、何やら壮大な予感。NARUTOの実写化に引き続き、驚きのあまり天井突き抜けた勢いでどこかに行きそうに。(ハンサム・エスケープ)


    でも、タイバニと言われると不安よりも楽しみの方が大きいかも?
    せっかくなので主演俳優コンビを私の独断と偏見とネットの意見を参考に仮想キャスティングしてみます。


    まずはワイルドタイガー、鏑木・T・虎徹役。

    理想のオジサン・・
    ヒュー・ジャックマン、キアヌ・リーヴス、真田広之

    実写の吹き替えも平田さんで・・?
    ジョニー・デップ



    バニーちゃんことバーナビー・ブルックス Jr.役は、

    ハンサムです・・
    アレックス・ぺティファー

    今ちょっと筋肉物凄いけど美形かつ芸達者だから大丈夫です・・
    アーロン・テイラー=ジョンソン

    二人に比べると若干年齢高めだけど雰囲気が◎・・
    マット・ボマー


    ここでまさかの・・
    デイン・デハーン
    いや、なんか違うか


    おまけ

    スカイハイ役
    トム・クルーズ(※カメオ出演)
    顔出しはワンシーンだけとかにすれば

    ルナティック役
    ポール・ベタニー



    半信半疑で続報を待つとしましょう・・。

    マイナビニュースの記事

    ブログランキング参加中

    テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

    1. 2015/10/10(土) 22:16:39|
    2. 覚え書き
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    舞台「RED」見てきました。

    舞台 RED 見て来ました。
    前々から小栗旬さんファンなんですよ~・・エヘ

    割りと舞台間近で見ることができたのですが、座席位置が正面じゃなくサイドで、舞台端が見えなかったりしたので、次回舞台のチケットを取る時は気を付けようと反省・・。勉強になりました。

    映画「グラディエーター」や「007 スカイフォール」の脚本家ジョン・ローガン原作、小川絵梨子翻訳&演出。自分の作り出すべき理想の芸術を追い求める画家ロスコ(田中哲司)と、彼に向き合い続けるアシスタントの青年ケン(小栗旬)の議論の応酬で進行していく二人芝居。

    新規オープンするシーズンズ・レストランの内装を飾る壁画制作の依頼を受けたロスコと、彼に雇われたアシスタントのケン。アトリエでお昼を食べたり、キャンバスを張ったり、下地を塗ったりと作業をしながら、芸術について語り合います。壁画は完成するのでしょうか・・。

    マーク・ロスコは実在の画家ですが、彼の議論の相手になるケンの存在は創作なんだそうです。過去の辛い記憶を思い出し語りながら、静かに涙を流す場面もあったりするんですけど。面白いですよね。

    何色を使えばいいか、という独り言の様なロスコの自問に、ケンが「レッド」と答えてしまって、猛烈に怒られるシーンが印象深かったです。「お前に聞いてるんじゃない」とケンを滅茶苦茶怒鳴りつけ、せっかく描けそうだった絵も描けなくなっちゃうというシーン。以前にドラマで演じられてたDV夫役が怖かったなぁというのを覚えてるんですが、田中哲司さんが怒ってるとめちゃ恐いんですよね。(笑)

    レッドとは何なのか、自分はどうあるべきなのかという迷いに対する答えはやはりロスコ自身の中にあるというのが、最終的に出る答えだと思うんですが、ここはその象徴的な場面でもあったように思います。


    butairedpic.jpg
    舞台には二人だけですが、白熱する芸術論、感情の高ぶり・・。芝居を生で見る良さを感じました!


    ブログランキング参加中
    1. 2015/10/09(金) 20:38:48|
    2. 覚え書き
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    前のページ 次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。